最近のこと
 



 このページは管理人が日々思うことをきままに書き込む日記帳みたいなものです。
不定期に更新中です。


2月22日 メールとE-MAIL

先日UKにお住まいのMATTHWさんとメール(パソコン)でやりとりしていたら、先方から「画像かスケッチ送ってよ」と言われて、私はメールにjpegの画像を添付して送信しました。私も「あなたの画像をメールで送ってね」と送信したら、しばらくして返事が来て「ポストに投函したよ!」とメールが来ました。どうやら私がE−MAILでなくMAILと書いてしまったからのよう・・・今日その郵便が届きました。これから気をつけようと思いました。わざわざ送ってもらって恐縮でした。

2月11日ちょっと一息

最近やっと父の事後処理が終った。9割がた片付いたのでほっとしているところです。胃がキリキリ痛む夜ともやっとお別れです。若い頃は周囲の人に「本当に悩みなさそうだね〜」と言われたものですが、最近はぜんぜん言われません。やっぱりあの頃は、自分が悩んでいると思っていても、そんなにたいした事ではなかったのでしょう。結婚して、子供を持って母になりだんだん強くなってきました。旦那にはそれ以上強くならないで〜と言われますが、これからも益々強い「おかん」となっていくのでしょう。

 

2005年1月 今更ですが今年のお正月

今年もお節を作りました。しかも今年は旦那さんの実家の分も作りました。(良いお嫁さん?)ついでに1/2には慎太朗は2歳になりました。相変らず私の事は「かあちゃん」で旦那のことは「パパ」と呼びます。ただ今クマのプーさんに夢中で「ぷーちゃん!!」と叫びながら家中を走り回っております。

10月24日 クリスマスミニベア

久々に型紙からおこして新しいサイズのミニベアを作ってみました。素人なので適当なのだけれどこだわりのポイントは、小さくしてもバランスが悪くならないようにする事。そして顔を(頭)の形にこだわることです。赤のショートモヘアでボディを作製し、アクセントに緑のモヘアを使ったのでクリスマスという名前です。色違いで緑を作ろうかと思っています。

 10月23日 歯磨き大好き

最近息子たろ〜のお気に入りは歯磨き!何故か、食後・食前を問わず「歯ブラシを取ってくれ」と訴える。仕方が無いので二人で一緒に歯磨きしている。ものすごく嬉しそうに歯磨きをするたろ〜。自分で磨き、ついでに母の私の歯を磨き(上手じゃないけど)満足している。私が子供の頃は歯磨き嫌いでイヤイヤしていたけど、たろ〜は自然に好きになったみたい。もちろん歯が一本しかないときから歯ブラシは持たせていたけど・・・

  10月9日 台風にて大雨

今日は台風の影響ですごい雨だった。でも食料品の在庫薄になってしまったので近くのショピングセンターへ。たろ〜さんはクマ帽子とカッパといういでたちで・・・店内でたろ〜さんは5回「かわいい お子さんね。」と言われました。親ばかだけどやっぱりうれしい。でもたろ〜さんはクマ帽子がよく似合うと思う。しんたろうページの写真も見てね。その後、なんだかデジカメの調子が変!BOXタイプのハウス写真UPしようと思った矢先にショックです。

  10月3日 京都大丸へドールハウス展を見に行く

今日はずっと楽しみにしてた「ロックヤーおばあちゃんのドールハウス」展を見に出かけた。旦那にどこ行くのか?と聞かれ「ちょっと。そこまで行ってくるから」と言って・・・私のちょっとそこまでは最近ひろ〜くなってる。そのうち海外とかになっちゃうかも。会場は案外人も多くなく、じっくり楽しめました。学生時代は居眠りしてたけど「西洋建築史」を思い出しながら細部まで楽しんできました。やっぱり最近は「チューダー」よりも「ヴィクトリアン」が好きかも。あのコテコテさも最近好きになってきました。やっぱりドールハウスを楽しむ時に建築とか文芸とかも一緒に考えながら見たり調べたりする楽しみもある。学生時代に行ったストラッドフォード・アポン・エイボンにもう一度行きたくなりました。

 10月2日 たろ〜さん涙?の初運動会

今日は息子初めての運動会でした。雨が降りそうで降らないあいにくのお天気でしたが濡れずにすみました。さてたろ〜さんは入場行進の直前に大泣きして母親の私の所に返されて来ました。すごいふくれっつらで・・・それでも体操の音楽が流れると「あ〜あ〜」叫びへろへろと踊っていました。気を取り直して親子競技に参加。ところが、たろ〜さんは一緒に走り(歩き)出して三歩でストップ。そして逆をむきイヤイヤをしてしゃがみこんでしまいました。あっという間に取り残され仕方が無いので私が抱えて走りだし網棚についたお菓子の袋を取る場所まで来ました。保育士さんの「しんちゃん、両手で取らないとだめだよ!」という親切なアドバイスも無視してたろ〜さんは片手で袋をもぎ取ってしまいました。腕力だけは強い息子はお菓子だけ大切に抱えていました。私は腕が筋肉痛です。

   9月24日 涙そうそう

TBSの「金曜日のスマ達」という番組で、森山良子の作詞した「涙そうそう」の歌にちなんだ視聴者からのエピソードを再現した企画を放送していた。私にとっては一番星に祈る人は母である。私の結婚式を誰よりも楽しみにしていたのに、見ることはできず。そしてとても子供好きな人だったのに、孫の誕生を知ることもなくこの世を去ってしまった。もう何年か経つので普段は平気なのに、やっぱり色々思い出すとしみじみと哀しい。親が子供より早く死ぬことは普通の事だけどあと1年健康で長生きできたら良かったのにと思う。隣で見ていた旦那は、この歌を聴いても哀しくないらしい。やっぱり子供の頃から飼っている犬でさえ長生きしている人なので、最愛の人を失う意味がまだわからないのかもしれない・・・

    9月18日 気がつけば秋 

最近忙しくて更新してなかったけど、もう気がつけば9月です。父の死後の処理も色々あり、殆ど一人でやっているので忙しいやら、精神的に疲れたりでしんどい日々が続いてました。でも若い?割に自分よくやってるかもと自分を認めてやったら少し楽になりました。だって色々アドバイス頂く年配の方よりも色々経験しているのだもの。自分達が良いと思う方向で進んでいけば両親も認めてくれるはずだと信じています。来年の春くらいまでは落ちつかないのかも・・・

ドイツ製ドールハウス写真UPします。よかったらご覧下さい。

      7月7日 父亡くなる

      その日私は普通に会社へ出勤して仕事をしていたら、職場に旦那から電話がかかってきた。「おやッさん(私の父)意識不明らしいよ」とのこと。妹を連れて病院へいったが既に亡くなっていた。諸事情により最近会っていなかったが、かなり荒れた生活だったよう。母が亡くなって淋しい事もあったのだろうが、もう少し頑張って生活してほしかったと私は思う。今まで育ててくれた事に感謝しているので、天国かどこかで母に会ったらやさしくしてあげてほしいと切に願う。たろ〜さんも式に参列して献花してくれた。「ぱ。ぱ」と言いながらお花を投げていました。

今も事後処理に追われつつ生活しています。

      7月5日 最近のたろ〜さんについて

最近たろ〜さんはようやく歩くことに目覚めたらしい。もう1歳6ヶ月になるのでゆっくりとした目覚めだが、そこがたろ〜さんのたろ〜さんたる所以なのだ。相変らず、女子高校生など若いお嬢さんをみるとニヤニヤしているし、鏡をみてはうっとりしているので将来が少し心配な母である。そのうちに画像もUPしますね。

    

      2月12日 しもちゃさんからのプレゼント

リンクのページでも紹介しているしもちゃさんから素敵なミニチュアを頂きました。お菓子が沢山で夢気分。どれから食べようかと悩んでいます。食べられないけどお腹がすいてきます。エクレアの袋の裏には★型のシールが貼ってあるのです。一番のお気に入りはドーナツさん達です。本当にありがとうございます。

2月4日 手作りバッグ

ボブとブーブーズというキャラクターものの生地で作製しました。サイズは35*45*7pです。上部分は切り替えの布でプーさんのミツバチ柄で作ってあります。以外に上手くできたと自分では満足。ポケット部分はブーブーズのアップリケを付けてあります。その上にたろ〜さんの名前入れてあります。次回はフトンカバーを作らなければ・・・セーターも編みかけなのになかなか進みませんわ。

2004年1月26日 アップルパイ(最近お料理ページとなってます)

今日はアップルパイを焼いてみました。何だかとっても久しぶりに作ったのであんまり形は良くないかな?でも味は良かった。リンゴは紅玉が無かったから、フジです。でも皮をむいて作ったから大丈夫だよ。

12月31日 お節料理

今年は久々にお節を作ってみました。一の重は「田作り・黒豆・きんとん・伊達巻き・昆布巻・レンコン酢の物」、二の重は「ブリ酢醤油漬け・鶏肉味噌和え・有頭エビ焼物・数の子」、三の重は「煮しめ」です。殆ど自分で作ったものなので、自分一人で感激してた。だって誰も労ってくれないので・・・煮しめはなかなかの味でしたよ。

12月14日 取引無事終了

フィリップ氏との取引今日無事終了した。めでたし、めでたし。

12月4日 Philippeさん

前回登場したフィリップ氏であるが、またまた事件が起こった。実は前に頼んだものと違う商品を送ってきたので(幾つか頼んだうちの一つ)それだけ再度カナダから送料負担で送ってね。ということで送ってもらったらまたまた全然違うものでビックリ!内心「それはないだろう!」と思い連絡をとった。彼の言い訳は次の通りだ。「私は月平均100件こなしててミスは3回だった。そのうち2回はあなたへのミスだった。私は善意の人だよ。ほんとにゴメンね。僕が君の立場だったら超ショック!だよ。分かるよ。」という感じである。まあ、悪い人でないのは分かるけど・・・いつになったら本当の商品が届くのか?気長に待つつもりである。

12月2日 お買い物カート

たろ〜さんが産まれて初めて二人だけで食料品を買いにスーパーへ行った。普段少しの物を買い足すことはあったが、ここで言う買出しは1週間の食料品をまとめ買いすることだ。カゴにめいっぱい二つ分、ベビーカーを引きながら二つのカゴは持てない。仕方なくよくある座席付きのカートに乗せてみた。1歳からとなっているが良い感じで納まってくれたので買い物を終了できた。こういう時たろ〜さんは暴れたりしないのでありがたい。多分怖がりのためおっかなびっくりでカートに乗っていたのだろう。体が小さいのですぽっと落ちないか心配だったがぎゅっと手すりにしがみついていた。その日重い物を持ちすぎたためか腰が痛いです・・・

11月27日 気の持ちよう

育児・家事にしても気分も楽しい日もあれば何だかつらい日もある。でも毎日こなすことは一杯。そんな時はあんまり深く考えず行動することにしている。考え込むと「あ〜つらい」ってことになるので良い意味で流れ作業としてこなし、一通り終らせてから考えるようにする。決して手抜きしている訳ではないけど。何でもつらいな〜と思うと苦しくなっていくので頭の一部を少しぼ〜っとさせながらイヤな事をこなす。楽しい時は楽しい〜と思う存分考えながらすごせば快適である。でも今私は育児は楽しい事の方が多いと思う。息子が精一杯生きているのを毎日見ていると私も元気をもらっている気がする。

11月21日 祈った事

旦那がこの前会社の人と大宰府天満宮へ行って来た。何か御願い事したのかと聞くと「私(管理人)が自分より1日長生きするよう祈ってきた」との事。一人残されるのが淋しくてイヤだからというのが理由らしい。私としてはこれ以上親しい人に先立たれるのはイヤなのでその逆をお祈りしたいと思った。でも私なら「仕事がうまくいきますように」とか欲張りな願掛けをしてしまいそう・・・

11月20日 philippeさんはスゴイ人

ドールハウスの事でお世話になっている人にカナダ在住のフィリップ氏がいる。やり取りはメールが殆どで私も彼も英語があまり得意でないので(彼はスペルミスが多いので多分フランス語の方が得意なのだと思う)丁度良い感じなのだ。ある時「その件は今夜処理する」とメールが入ったのだが、1週間たってもそのままなのでもう一度問い合わせしたら3つ目の仕事が忙しくててんてこまいだったそう。そう彼は3足のわらじをはいているのだ!一つ目は教師二つ目はショップのマネージャー(週末)、三つ目はボランティアの救命救急士。やっとお休みだと思ったらそんな時に限って自動車事故と急病人が多かったんだとの事でした。私なんて子育て業しか最近はやってないので(←これも大変重要な仕事だけど)彼のことを尊敬しスゴイなあと思った。1日は24時間しかないけど有意義に使おうと思えば努力しだいでなんとかなるんだと思った私です。よろしくが口癖のフィリップさんこれからもよろしく。

11月19日 平凡≠退屈

若かりし頃退屈な日が続くと、「なんだかつまらない。刺激がほしいな」と思っていた。でもある日突然平凡でない日がやってくるとそのありがたみが分かる。平凡な日を維持してるって実はスゴイ事なのだ。あの頃のお気楽な自分に教えてあげたいと今思うこともある。円満な家庭生活を維持していく事も簡単なようで実は難しい事なのかも。現在私は退屈って思う事が無い。やりたいこと・やらなきゃだめなことぎっしりあるのだから・・・それもまた楽しい事である。(追記:タローさんページ更新しました!)

11月17日 自己責任 

今の私には子供の頃みたいに「あれしなさい」「これしなさい」と言ってくれる人はいない。ので、自分で決めて、実行する事が多い。自由である反面失敗した時も自分次第なので「これでいいのかな」とふと思う事もある。母が私に残した手紙にあった「自分で選んだ人生で幸せに」という言葉は私の生きる指針になっている。なまけ虫だった私がここまでこれたのも母のお陰だなと最近しみじみ思う。たまに旦那が私の事を「働き者」と言うが母が聞いたら驚くだろうと思う。

11月16日 編物(写真はタローさんに編んだアランセーター)

私は編物が得意な方だと思う。製図まではできないけど本の作り方をみればだいだい編み図は理解できる。ありがたいことに旦那は私の編んだ物を嫌がらず着るので1年に1枚は作ることにしている。唯一不満があるのは私が編み応えのあるアランセーターを作っても旦那は喜ばず、シンプルなメリヤス編みの物を希望するので、今年も結局なんて事はないデザインで進行中である。

11月14日 川の字

昨日久しぶりに親子三人川の字になって寝た。普段はベビーベッド大好きな息子なので、同じ部屋で別々に眠るのだ。並んで寝てると何だかほわんと幸せな気分になる。出産してから今まで私には帰る実家も無いのでほぼ夫婦二人三脚でやってきた。隣に寝てる父子を見てこれからも頑張るぞと思う私でありました。余談ですが早起きの息子に5:00に起こされた。普段はもう少し遅くまで寝ている私である。

11月13日 眼鏡

私は眼鏡を愛用している。昔はコンタクトレンズ派だったのだが、目の健康等を検討して最近は専ら眼鏡で過ごしている。お気に入りのフレームは福岡県にある仲西眼鏡店というお店のハンドメイドのフレームだ。実にかけ心地よいし、私の視生活にすごく合うよう調整してもらってある。合わない眼鏡ほどつらいものはない。逆に合うように作ってもらえば眼鏡ライフもとても楽しくなる。たまにかけているのを忘れて寝てしまうほどである。

11月12日 宮尾登美子 

私はずっと前から小説家宮尾登美子先生のファンである。多分語れと言われれば90分くらいは話続ける自信がある。数多くの作品の中で最もオススメは「櫂(かい)」である。初めての方はここから読んでみることをオススメする。この作品と「春燈」「朱夏」は宮尾さんの人生があふれた作品で、高知弁・芸妓屋・戦争体験(満州)が深いところで繋がっている。私が宮尾さんの作品に心惹かれるのは作品の中のお母様が私の母とかぶるところがあるからだと思う。なので読むとなぜか母を思い出すのである。私は暗い話は苦手だ!と言われる方は「天涯(てんがい)の花」がオススメである。私はこの作品を読んで、実際にキレンゲショウマという花を植物園まで見に行った。宮尾さんの作品は10代で読んで、20代で読んでその時々で納得する個所が違う。多分40・50と歳を重ねる毎に楽しむことができるはずだ。また他の作品については後日に・・・

11月11日  寝相

私は比較的寝相が良い方だと思う。でも子供の頃ってスゴク悪かった記憶がある。息子は今時の言葉で言えば「ありえない」寝方だといつも思う。タオルケットを頭部分に巻きつけて覆面の様にして寝ている。当然首から下は何もかけていないこととなる。たまに窒息してないか心配になってそのタオルケットマスクを剥ぐと眉間にしわを寄せた寝顔が出てくる。どのようにして巻きつけているのかいつも謎である。

11月10日   独り言(写真はごはん待ちのタローさん)

私は独り言が多い。きっと昔からだと思う。赤ちゃんがいて良かったと思うことは外出時いくら独り言をつぶやいても怪しまれないことである。おかげで私は家の中でも外でも好きなだけぶつぶつ言っている。たまに鼻歌歌ったりしている。息子も自分の笑いのツボ?にはまると、私の話に大笑いしている。

11月9日     まつ毛

私はただ今子育て真っ只中である。一人家にいて赤ちゃんと向き合ってくらしている。それほど悩んだりという事はまだ少ない。これから増えるのかもしれないが・・・子育てがあまり苦痛にならないのは息子の顔が私の好みのタイプであることも大きな要因の一つだ。息子はまず目がパッチリ!私より既にでかい。そして睫毛(まつげ)の長さだ。多分1.5から2pはある。上下共フサフサだ。たまに下睫毛が目に貼り付くほどである。いつも息子の目を見て私はうっとりとしている。ビューラーいらずにカールしている睫毛がいつも素敵である。そんな私の目は垂れ目で糸目である。ちなみに旦那はツリ目の三白眼。息子の目はどちらにも似ていない。