DOLLS HOUSEのページです 

画像が重たくて開きにくいかもしれませんがゆっくりご覧下さいませ。

Bodo Hennigのハウスです 前面が開きます。アール・ヌーボー調の美しい邸宅です。
家具はBodo Hennigの既製品で、すごく精巧です。手前は洗濯機。 キッチンでは見習いの少年が食材の買い物から帰ってきました。
ダイニングでは食事の準備が始まりました。 ご婦人はお茶を飲みつつゆったりと。花のモチーフの壁紙と家具です。
ベッドルーム。後ろにあるのはエレベーターで実際に動きます。 ボイラーのあるバスルームです。花のモチーフの壁紙です。
ベビーベッドはアメリカの作家さんのものです。 ソーイングルーム。ここでドレスを仕上げます。
ペントハウス。まだ装飾していません。 ハンドルを回すと上下に動かせます。リフトです。

常々、Bodo Hennigのドールハウスを手元にと思っていましてめぐりあったのがこの家です。しかし製造中止によりメーカー在庫はなかったのです。あきらめていた頃、カナダにある鉄道模型&ドールハウスショップから送ってもらったのがこの家です。内部の装飾は自分でやりました。アール・ヌーボー様式なので、なるべく花のモチーフの物を選んで完成しました。組み立てるのに時間がかかりました。なんと言っても4階分ありますので。Bodo Hennigの魅力はその精巧なミニチュア達です。実際に動くものが多いし配置すると家の見栄えもすごく良くなります。でもリアルなだけでなく温かみのある配色も魅力の一つといえるのではないでしょうか。